デリケートゾーンのお手入れ法

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの正しい手入れの仕方

幼い頃、女性であればトイレで用を済ました後の正しいおしりの拭き方を教わったことと思います。では、お風呂でのデリケートゾーンの正しい洗い方はどうでしょうか?意外にも正しいデリケートゾーンの洗い方は知られておらず、他の部位と同じように石鹸やボディーソープで、ただ何となく洗っているという人も少なくありません。

 

誤ったデリケートゾーンのケアの仕方はあらゆるトラブルに!

正しいデリケートゾーンの洗い方ができていないと、汚れがたまり、雑菌が繁殖してかゆみを伴ったり、陰部から嫌な臭いを放つようになります。また、おりものの量が増えたり色や臭いにも変化が現われ、下着の汚れも気になるようになってきます。

 

また、デリケートゾーンの中でも大陰唇と呼ばれる部位にはアポクリン腺という汗腺が非常に多く存在します。お風呂に入ってないと脇からツンとした嫌な臭い(通称:ワキガ)がするように、大陰唇にもスソワキガと言って強烈な臭いを放つ可能性をもっている部位なのです。脇とは違い、大陰唇は入り組んだ複雑な形状であることから、汚れや恥垢が溜まりやすい場所です。たとえ毎日お風呂に入っていても、正しい洗い方をしない限りそう簡単には汚れが落ちないので、「今まで何となく洗っていた」という人は、ぜひ洗い方を見直してみましょう。

 

デリケートゾーンの洗い方

汚れを落とすためにしっかり洗うのは大切なことですが、過剰な洗いすぎはかえって良くありません。臭いが気になるからと言って大量のボディーソープを使用する人もいますが、大量のボディーソープの使用は、病原体や雑菌の侵入や繁殖を防ぐためのphバランスを崩してしまったり、体にとって良い菌までをも落としてしまいます。
また、膣の中にまで指を突っ込んで洗う必要はありません。小陰唇・大陰唇の部分を適切な量の石鹸やボディーソープで、指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。

 

臭いやかゆみが気になるという方はデリケートゾーン専用の石鹸やボディーソープがあるので、部位ごとに使いわけてみるのもいいでしょう。

ショーツが密着している部分なだけに、とても蒸れやすく、ふとした時にかゆみを覚えるデリケートゾーンですが、生理時のナプキン着用時にはとくにそのストレスも半端じゃありません。

 

実は、デリケートゾーンは全身のどの部位よりも皮膚が薄く、皮膚が薄いと知られるまぶたの4分の3程度の薄さしかないのです。それだけに、外部の刺激やストレスも受けやすく、かゆみを感じやすいというわけです。

 

対策は、まずは清潔を保つこと。汚れがたまり雑菌が繁殖すると、かゆみも感じやすくなります。また、かゆいからと言って掻き毟ってしまうと症状を悪化させてしまうので、かゆみを感じた場合には市販のデリケートゾーン専用のかゆみ止めを使用するのもいいでしょう。

 

蒸れが気になる人は、ピッタリする下着やデニムなどの着用を避け、通期性の良いスカートなどに履き替えてみましょう。蒸れを防ぐことで、蒸れからくるかゆみを防ぐこともできるのです。

 

強いかゆみは病気のサインかも!?

デリケートな部分から、ちょっとしたことで蒸れやすく、かゆみを感じやすい部位ですが、掻いても掻いても異常にかゆいという時は、「カンジダ膣炎」かもしれません。性行為だけでなく、ストレスや寝不足、抗生物質の服用などが原因となり、おりものが黄色っぽくカッテージチーズ状となり、強いかゆみを伴う感染症です。
カンジタのまま出産すると、産道をとおった時に赤ちゃんにも感染し、赤ちゃんの口の中に白いカビが発生してしまうなど、放っておいてもいいことはありません。強いかゆみを感じる場合には、一度病院で検査してもらうことをお勧めします。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、ずばりメラニン色素です。人間の皮膚は外部から刺激を感じると皮膚を守ろうとしてメラニン色素を生成します。デリケートゾーンが他の皮膚よりも黒ずんでいるのは、下着と常に摩擦を起こしているためです。また、皮膚の新陳代謝が悪い部位だけに、どんどんメラニン色素が蓄積され、色素沈着をおこしてしまうというわけです。

 

デリケートゾーンの黒ずみの手入れ・対策法

まずはデリケートゾーンを常に清潔に保ち、肌のターンオーバーを正常化することです。皮膚表面にたまった垢や古い角質をしかっり取り除いてあげるだけでも、黒ずみは改善されます。最近では、ピーリング効果のある石鹸や、肌のターンオーバーを整えてくれる美容液など、デリケートゾーン専用の化粧品も充実しているので、うまく取り入れてみましょう。

 

また、デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療するのも一つの手です。黒ずみ気になる部分に処方薬を塗って治療していく方法です。美容形成では、小陰唇縮小手術といって、デリケートゾーンの黒いビラビラを切除する整形を受け付けているところもあります。

 

黒ずみの対策法は自宅でできるものから、皮膚科やクリニックでできるものまでいくつかあるので、自分に合ったものから始めてみるのもいいでしょう。